読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アズblogの日記

B'zを主に漫画や音楽を変わった視点で様々なレビューをします。

漫画レビュー 風の谷のナウシカ  ~偏見だらけの純粋レビュー~

どうもこんにちはアズです。

今回から ~偏見だらけの純粋レビュー~ というシリーズを始めます。

意味は特にないです。w

人なんで意見って多少は偏ると思うんですよ。

さらに私は考えがひねくれてると思うのでさらに。。。

まあ、そんな中自分なりに感じたまま純粋にレビューしますので、こんな感じのタイトルです。

はい。2秒でタイトル決めましたwテキトウですw

 

漫画評価していきます!

そんな感じで ~偏見だらけの純粋レビュー~ スタートですが

記念すべき第1回は 風の谷のナウシカ です。

 

ナウシカが超カッコいいんですよね!

 
f:id:Azblog:20170328235550j:image

 

軽いネタバレあり

 

良い点

 

 

知らない方も多いと思いますが、ナウシカは漫画版が原作です。

映画は漫画全7巻の内の2巻にも満たないところです。

もちろん映画版も面白いです。

 

映画はどちらかというと楽しい雰囲気ですが、漫画版はハッピーな感じはありません

むしろ重いです人間のエゴや命の重さ儚さ、自然の偉大さ儚さ、さらに腐海巨神兵の謎が明らかになります。


f:id:Azblog:20170328235737j:image

 

実は映画版では一切、腐海巨神兵の謎については明らかになっていません。故に楽しい雰囲気でストーリーが進行していたんだと思います。。。

 

映画との比較はここら辺にしておき漫画のレビューいきましょう!

 

 

これは純粋に面白いです。笑えるとかじゃなくて考えさせられる面白さです。

正直、1回読んだだけでは理解できなかったです。

しかし2周目からは「こういうことか!!」となり読後もじっくり考えるほどの大作です。7巻のボリュームではありません。

 

とくに終盤の謎が解けていくところの面白さは凄いです。

腐海の謎が解けていき、「もしかしたら空気綺麗なるんちゃう?」って思った後の、どのみち人類滅亡ってわかる絶望感は半端なかったです

希望から絶望に変わるのでやるせなかったです。

 

最後のナウシカの決断に賛否両論あるようですが、私はアリだと思います。

結局ナウシカたちはツナギの存在でいわば利用された存在、その存在が最後に一矢報いるのは、良かったと思います

ナウシカの独断であれはない って意見もありますが、あれは宮崎駿の意見だと思いましたね。

 

 

悪い点

 

 

人を選ぶと思います。

映画のノリで読んだらガッカリするかもしれません。

それくらい違います。もはや別物です。

私的にはそれは良い点なんですがねw

 

漫画としては読みづらい。

絵は上手いんですが、急に場面が変わったりで、現在地や時系列が分からなくなります

ただでさえ難しい作品なのに、これのせいで更に難しくなっています。

 

 

 

総評  10点満点中9.5点

 

 

本当に面白いです。

ジブリ好きや映画のナウシカ好きな人は一度読んでおきたいです。

深く重く難解で考えさせられます。

宮崎駿に自然をテーマに描かせたら右に出る者はいないと思わせられる名作です。

 

超おススメの漫画です。是非一度読んでみては?